読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FishSwordTT!

sat.の自転車に乗って進む日記  リンク&コメント大歓迎です(^^)

test

2016.7.10 ニセコクラシック

4:00起床。

ここはニセコ

オートミールとかバナナとか食べて準備。

あまり食欲がないのは登りが多いからだろうか。

朝露か雨か外はビショビショ。

 

f:id:fishsword:20160715171226j:image

6:00過ぎ会場へ。

サインして並んでいる人たちを横目に会場をテレテレながす。

北海道まで来て知り合い多数。

安心するなぁ。

f:id:fishsword:20160715171217j:image

 

6:50各クラス一斉スタート。

路面は完全ウェット。

しばらくローリング。

f:id:fishsword:20160715171244j:image

ゆっくりだったけど落車がなかったのは上げ下げが少なかったからかな。

 

倶知安に向かって左に曲がってリアルスタート。

ツールド北海道の時は最初からかけて行って登りでタレたので前半は抑え気味に。

ていうか咳がひどくて呼吸が苦しいのがホンネ。

走っているうちになんとかなるだろということで。

 

リアルスタート後は道幅も広く前に行く人後ろに下がる人の選別もスムーズに。

f:id:fishsword:20160715171301j:image

左折後の登りでやはり選別。

サイクリング班とレース班みたいな感じかな。

集団後半で危なげなく。

 

f:id:fishsword:20160715171317j:image

15kmの長い登りまでは温存な感じだったんだけど左コーナーでスリップダウンしている人とか、下りのストレートで単独落車する人とかいて路面状況に不安を感じて萎える。

そんなことをしていると長めの下りで大きく中切れしてしまい、登り返しで微妙に脚を使って追走したり。

バイなと思って強めに踏んで追いついたけど後ろの人達もじきに合流でなんか損した感じ。。。

 

ま、なんとか集団後尾で登りへ突入。

ペースで進んでいくと先頭付近にたどり着く。

集団は意外と上がらず、集団は2人くらいの逃げを容認して淡々と。

苦しくない範囲なので呼吸にリスクのある自分は助かる。

ニシタニさんが結構引いていたのが印象的。

強い人は積極的なんだよな。

登るにつれて霧が深くなってくる。

KOMはどっちでもいいけど下りを前で入れないと危ないかもと思ってピークの平坦で抜け出している2人までジャンプ。

イワシマさんが来て先頭は4人。

後ろで3人から少し間をおいて下りへ。

思っていたよりもコーナーが緩いけどとにかく慎重に下る。

そのうちサイト〜さんが追いついてきて3人にジョイント

結局下りきりで集団もジョイントして降り出しへ。

右折して海へ向かう。

 

雨が酷くなってきてスコール状態。

バチバチと当たる雨は雹のようで痛い。

雨で中切れってのも珍しいよな。

先頭は全く緩める気配なし。

うーん。

ホビーレースだし危険回避でニュートラルっぽくしてもよかったのでわ?

下りでやはり中切れて強めに踏んで追いつくみたいな。 

 

70km過ぎの補給地点へ。

補給ボトルが割とかっこよさそうだったので欲しかったんだけどことごとく叩きおとす。。。

スミマセン。

焦る必要全くなかったんだけど。。。

スガワラくんが水ありますって言ってくれたんだけど欲しかったのはボトルでした。笑

 

海までは平坦下り向かい風。

あまりスピードが上がらず。

サイト〜さんはイワシマさんと一度飛び出したけど戻ってきたみたい。

追走で出た1人の逃げが容認。

海から折り返して山方面へ。

追い風になるししばらく平坦だしということで前方に飛び出した1人に向かってシレッとアタック。

48-49kmを目安にしばらく踏んで行って後ろを見ると、、、サイト〜さん!

あらま、来ちゃったのね。

 

前方の1人はすぐに捕まえて一緒にと声をかけるけどついてこれず。

サイト〜さんも回せない。

千切るつもりでさらに踏んでいくと、最初に飛び出した1人に追いつく。

声をかけて少し緩めるとしばらくついてきたけどやがて切れて行った。

せめて一回位変わって欲しかったが。

そのうち左コーナー手前でサイト〜さんも切れる。

いつもの一人旅開始。

 

バイク情報で集団とは40秒ほど。 

右折して丘を越えてエアロポジションでしばらくいくと5kmくらいの登りの前で1:40程に開いた。

苦手な登りだけどケイデンスを維持するように意識してクリア。

上は70kmコースのKOMだったみたいだけどKOM取ったと思って喜んでしまった。

ピークで1:40差だったのでまずまずのペースで登れた模様。

 

少し平坦でさらにしばらく緩い登り。

70kmのグルペット的な人達が走っているのを交わしながら前へ。

漸く下りに入ると追走6人との差が1:20で集団が2:20とか。

集団は脚が終わってると思われるが追走はやばい。

激しく下って大きな道へ出たところで40秒。

長めの登りを登りきったところで追いつかれた。

 

メンバーはマツダ、ホシノ、スガワラ、イワシマ、ニシタニ。だったかな。

どうやらキタノくんが直前で切れちゃったらしい。

自分もつけないかと思ったけどそこまで速くなくなんとかついていける。

下りは自分が速いみたいなんだけど残りはほとんど登り。

ワンチャンないな。

 

幸いなことに年代別40代は自分だけ。

このままゴールまで連れて行ってもらおうモード。

コーナーは安全に、ローテも必死にこなしてスキー場に入り口にさしかかったところで無理っすと言って千切れた。

5人はそのまま行って、自分も後ろ見ながらこわごわゴール。

無事に年代別1位を獲得。

総合は6位。。。

 

着替えて会場へ行って表彰式。

メダルとチャンピオンジャージをもらいました。

おめでとう俺。

 

宿の軒下で輪行して車でマックスバリューに買い出し。

風邪薬もゲット。

 

今夜の宿へゴーで豪華な夕飯にありつく。

ウマー。

 

旅は続く。