FishSwordTT!

sat.の自転車に乗って進む日記  リンク&コメント大歓迎です(^^)

test

2018.7.7 2018ニセコクラシックタイムトライアル

5:00起床。

そそくさと準備して6:00の受付へ。

 

f:id:fishsword:20180709141356j:image

天気は曇りで寒目。

 

今日は本線前日の3.2km TT。

自分のみエントリー。

橋の上を行って戻ってのUターンコース。

180度ターンは苦手だ。

 

メンバーはよくわからないけどそれほど濃くないのでワンチャンあると思っていた。

狙うは一番時計!

 

受付後ヒラフ坂を何本か登ってアップ。

スロースターターなので20分くらいは上げておかないとなココロモチ。

 

7:00頃競技が始まって7:32自分のスタート。

放送を聞いているとみんな4.40くらい。

やはり、一つ下のクラスのイワシマさんが飛び抜けていて4.11くらいだったかな。

格が違う。。。

 

ホルダーの人がやけに上手に抑えてくれて何の不安もなくスタート。

行きの下りは追い風もあって重めのギアをかけて踏んで行く。

登りは回し目で淡々と。

カラーコーンでバリアされたUターン区間をビビリながらこなして再加速。

一連のこの流れは苦手分野。

いつかちゃんと練習しなくちゃだけど、落車リスクのある練習はあまりやりたくないのが本音。

帰りの向かい風はカラダを低くして。

登り区間に入ってラストでギアを軽くしてしまったのはまずかったかな。

ダンシングしてゴールまで行ければよかったけど粘れず。

 

結局、4.40で年代3位。

相変わらずの弱め。

練習不足である。

 

11:00から表彰式とのことで一旦ホテルに戻って朝飯ブュッフェ。

海鮮勝手丼が美味しくて食べ過ぎてしまう。

 

f:id:fishsword:20180709144243j:image

時間までナカツルさん、ナカオくんと走りに行く。

ナカツルさんの一本引きで黄金温泉の先の登り区間まで行って折り返してゴールまでの道を確認して帰ってきた。

理論派ナカツルさんはペースコントロールが完璧。

レース前日としてとてもいい感じで走らせてもらった。

 

11:00頃会場に戻って表彰式へ。

f:id:fishsword:20180709143023j:image

優勝者はオーストラリアから。

デカイ。。。

進撃のアレである。

2位の方もマッチョ。

自分はだいぶしなびてきたな。

 

時間もなさそうなので車でコースを見に行く。

初めて走るナカツルさんに序盤の下り区間を見ておいてもらう。

しっかり見ると、回り込んでいて危なそうなのは一箇所だけか。

去年は完全ウェットで怖かった記憶があるけど。。。

 

山を越えてお腹空いたので海に出たところの売店へ。

それにしても店がない。

 

第二山岳の中間でもう少し乗りましょうということで5.4km降りて登り返し。

ナカオくんが強い。

ナカツルさんは自分のペースを崩さない。

自分は必死で。。。笑

 

さらに登りの終わりまで5.4kmくらい。

ダンシングのかかりが思いのほかよくて上まで引かせてもらった。

ここからナカツルさんは車で、ナカオくんと自分は自走でのんびり戻る。

ナカオくんのプラス思考は話していて気持ちがいい。

若いっていいよね!

応援したくなる青年である。

 

ホテルに戻ってオオイシさんと合流して夕飯を買いにセコマまでヒラフ坂を下る。

歩きでも厳しい坂だ。

 

飯食って風呂入って、懲りずに露天で話し込むと完全に湯あたり?食あたり状態に。

下から上から液体をたれ流しつつ、激痛に悶え苦しみながら死ぬかもとか思いながらニセコの夜は更けて行く。。。