FishSwordTT!

sat.の自転車に乗って進む日記  リンク&コメント大歓迎です(^^)

test

2017.9.9 ホンダさんちの猪苗代ライド往路

2:30起床。

3:00前出発。

ヒルクライマーの朝は早い。

ヒルクライムじゃないけど。。。

 

本日はウルフさんにお声がけいただいてホンダライドへ。

宇都宮まで移動して集合場所。

50人くらいいる?

ゴイスー!

一大勢力だ。

 

5:00過ぎにスタート。

がっつり組とまっつり組とまったり組に組み分けだったけどまったり組はエントリーが少なくて2組でスタート。

我らががっつり組は200kmほどのライドの途中で4回のヒルクライムタイムトライアル。

ハンデで時間差スタートというのはみんながラストまで頑張れてとてもよかった。

 

最初は今市経由で霧降高原を目指す。

タイミングで第一部隊のホンダpグループに間に合わず第二部隊でオノくんとおしゃべりしながら平和に走る。

途中でSFRはじめてみたんだけど今市までの峠でまわらなくなってあきらめる。

と、SCPサガワくんがハイギアをダンシングで踏み倒してきた。

どうやらRDのメカトラでFDしか使えなかったらしい。

サガワくんはそのまま霧降高原の登り口までだいぶ長い距離を踏みたおし。

オトコだ!

 

霧降高原入り口でストップして時間差スタート。

8.5km8%。

自分はラストから2番目のグループ。

とりあけず元気なおじさんであることを主張すべくダンシングでゴリゴリ。

みんな普通にシッティングで4人一列。。。

がっくりきて俺はここまでだと言い残して最後尾に下がる。

それでもスタートからがんばったので1分前スタートのグループにあっさり追いついた。

つつがなくパスして平坦ぽくなったところで再度アタック。

さすがにあれはほっとこうという意見が一致したのか逃してもらえる。

そのまま単独でしばらく進む。

前スタートの組みをかなり追い抜いてタレてたところで後ろから最後尾スタートのヒラノくんがアベくんを連れて上がってきた。

なんとか後尾について息を整える。

ヒラノくんの引きはアタックもなくて快適だった。

さすがクライマー。

ピーク手前の左コーナーでアベくんがアタックでヒラノくんも同調。

後ろついてんの嫌われたかなと思ったら曲がったところでゴール。

ま、スプリントはないので。。。

f:id:fishsword:20170910212357j:image

霧降と名乗るわりにはよい天気!

 

下りはベスト着て。

割と寒かった。

バイクがいい勢いで走っているので怖い。

突っ込まれたら。。。

無事に下りきって川治温泉方面へ。

トンネル抜けたところが思いっきり廻り込んでるコーナーがあるので気をつけて下さいとのことだったんだけど確かに予想以上に回り込んでいた。

しかも奥に行けば行くほど回り込む蟻地獄みたいな。

さらに路面は縦溝が切られていてグリップ感が希薄。

下りでスピードも乗りやすい。

はじめてきて対向車きてたら死ぬな。

川治温泉行く人?は気をつけて!

 

そんなこんなで第二山岳の日塩有料道路。

10.8km5.8%。

登り苦手ではあるんだけど最終組に配置されてしまった。笑

ヒラノくん、アベくん、サガワくんと。

ヒラノくんのペースはギリギリなんとかなるんだけどサガワくんのペースがヤバかった。

ハイケイデンスタイプでずっとクルクル。

オノくんに追いついたあたりで気持ちが切れて千切れる。

一旦離れると全然追いつけずそのうち3人は見えなくなった。

なんとかゴール。

 

塩原温泉方面に下ってコンビニ休憩。

日帰り組はここでサヨナラ。

我らは福島南会津方面へ。

ここで伴走車から皿足太郎のトミー登場。

昼食休憩になって少し休んだので脚が全く動かず。

ギリギリでミズまっちトレインについて行く。

登り始めるとコイズミくんがよいペースで引き始める。。。

むむむ。はやくね?と思ったら皿脚太郎、サガワくん、自分の4人に。

ケイデンスあげてギリギリついて行く感じ。

下り入ってしばらく行ってミズまっちが連結。

5人で後ろを待つ?という話になったけどとりあえずそのまま行くことに。

県境の緩い登りで皿脚太郎が上げはじめるとミズまっち、コイズミくんが呪いの言葉を吐きながら切れて行った。

自分もちょっと離れたけどギリギリで連結。

下りに入るとサガワくんが速い。。。

そのかわりトミーが前に出ると休めるので。笑

それほど遅いペースではなかったと思うんだけどミズまっちが車について復帰。

ホンダの面々は車使いが上手い。

カワタくんの教育?笑

サガワくんが脚つって3人で回して行くとやがでコイズミくんも復帰。

それほどペース遅かった訳ではないんだけど凄いね。

 

セブンで休憩。

ここで120kmくらいだったかな。

一旦まっつり組に追いついた。

再スタートして次のセブンまでは皿脚のコバイチさんも加わる。

さらに50kmくらいをアベ38くらいで次のセブン。

f:id:fishsword:20170910214740j:image

東北限定なのかな?

アイスコールドコーラ。

過冷却してあるコーラが一度開けて逆さにすると凍るっていう仕組みなのかな。

どうやるのかなーって置いといてオノくんにやり方きいたら時すでに遅しで凍りませんでした。。。

 

会津から背炙り温泉?高原?

とにかく背炙りの登り。

8.6km5.9%。

ここでガーミンのバッテリー切れ。。。

最終組でサガワくんとスタート。

ロケットダンシングおじさんで気持ちはすっとんで行くけど後ろに普通についてきちゃうのは毎度のことで。

サガワくんが前に出るとハイケイデンスに見とれながらギリギリで。

斜度が上がったところで無理してちぎれた。。。

借り物のバイクで凄い男だ。

一旦タレながらもなんとか維持して行くと。

あれ?サガワくん発見!

完全に垂れてしまったようだ。

皿脚太郎のトミーに追いつこうと無理してしまったようだ。

パスして鉄塔のたくさんある山の上まで。

ウルフさんに遠くに見える鉄塔まで登ると言われたんだけど鉄塔いっぱいありすぎてどれだかわからず。。。笑

 

頂上でモバイルバッテリーを工夫してハンドルにつけて充電しながらガーミン運用。

これが意外とうまく行った。

筒型のバッテリーならライトホルダーとかにうまくつけられるかな。

 

一旦運転していたウルフさんが戻って猪苗代荘までかなりいいペースで引いてくれた。

悪いかなと思って少し前に出たけど全然続かないのは情けない。。。

湖北側の道路に入ってミズまっちに代わるともうやめてーという勢いの引きで悶絶。

 

ラストは1.2km9%の登り。

ロケットおじさんはぜんぜんかからずで。。。

オールアウトな気分で今夜の宿へ到着。

 

淡々と走る200kmと違いかなり追い込めたのは収穫。

f:id:fishsword:20170910220554j:image

オノ氏タマシイ抜けるの巻

 

温泉入って豪華夕食!

f:id:fishsword:20170910220645j:image

 ビールがうまい!

 

で、お待ちかねの宴会。

総合7位ラッキー7ということでtotoBIG頂きました。

あたったらみんなにフェラーリ買って上げよう。

伴走車からのビデオ上映もあったりして盛り上がる。

コバイチ監督がとても面白い人だとわかりました。

 

宴会はけて一人夜の露天風呂を堪能。

猪苗代の夜は更けて行く。

 

明日はまともに走れるかなぁ。。。