FishSwordTT!

sat.の自転車に乗って進む日記  リンク&コメント大歓迎です(^^)

test

2014.5.31 第6回 JBCF 3day's Road 熊野 熊野山岳コース

5:00起床。

f:id:fishsword:20140531054051j:plain
朝日が綺麗。
なんとなく海岸線を走りたい感じも脚の重さにやや負け。
48kmとはいえレースだとこんな疲労感。
寄る年波?
 
6:30朝飯。

 

熊野山岳コース

45.8kmと昨日より短いがアップダウンは昨日の倍以上。
フリーダムは店長、自分、本日到着のサノくん。
ポイントは、
  • 平坦区間に現れるアップダウン
  • 千枚田の狭い導入路と登り
  • ラストの坂
f:id:fishsword:20140604123816j:plain
ロードレースの難しさはやればやるほどわかってくる。
着を取れる人はその辺のうまさも持っているんだろう。
自分にはまだない。伸び代だな。
 
10:25集合でスタート地点に向けて牛歩で移動。最後尾で3人でフラフラ。
10:40くらいかな?なんとなくスタート。
端っこの方から少しだけ前に行って中盤あたりでフラフラしない人の後ろをキープ。登りも平坦も楽に。
しばらく行ってトンネル前の登りで右から店長が上がって行った。予定通りということで後ろにくっついて先頭まで。店長は1人逃げ開始。
しばらく店長を前に見ながら先頭のペースコントロールを試みる。なんとか逃げを成功させたいところ。
が、50mくらいの差からなかなか開かない。ブリッジを試みようとしている人にチェックを入れたりしていったが、下りで見通しが悪くなる区間が始まる前に吸収。
店長が集団に戻ってさて、自分はポジションをどうしようかと考えているとあれ?リアのシフトチェンジができない?ガチャガチャやっているとアウターローに入って全く動かなくなってしまった。下りなのに全く踏めず。。。
メカトラ!と叫びながら左に寄らせてもらって停車。みんないってしまった。
フロントは動くし電池チェックもオッケー。リアディレーラーとジャンクションのケーブルを抜き差ししてみたけど効果なし。やがてE2と黒潮レースの集団にも抜かれる。
止まってくれたバイクの人が手で動かしてくれてなんとかリア14くらいに。ありがとうございました。
なかば完走も諦めていたけどとりあえず追走開始。
単独でがんばっているので沿道の人の声援が暖かい。Uターンして戻ってきたE1の集団とすれ違うときにリアが動かない!と店長に声をかけてみた。最悪の場合迎えにきてもらえるかなと。
シフトチェンジの必要がないのでずっとエアロポジション。折り返しで黒潮レースの遅れた人を抜いてやる気が戻ってきた。
そのまま行って何人か抜いて千枚田の登り。インナー42リア14で固定ギア。ダンシングしたり引き足使ったりして無理やりまわしていく。チャレンジのときのナルシマサクライ選手をイメージ。ハアハアしながらKOMクリア。この辺でE1の人も数人抜いた。
危険だと思っていた下りも単独なので難なくクリア。
平坦に入ってとにかくエアロポジションでスピード維持。下りと平坦はギアが足りず。先頭から20分以上でFADなので完走ポイントだけは稼ぐべくTT走。遅れてくる人にはあまりつかずになんとかゴール。
 
リザルト
店長19位
サノくん71位
自分95位
無事完走!
 
サノくんはKOMで先頭にいたんだけど落車した人をかわして崖下へ。。。
幸い怪我はそれほどひどくなかったみたい。
 
シフトチェンジできなかった原因は右ブラケットのケーブル抜け。振動で抜けたのか、なんともタイミングが悪かった。。。
直ったので明日も走れるのが嬉しい。
 

f:id:fishsword:20140604123734j:plainf:id:fishsword:20140604123757j:plain
お昼はグウチョキパン。


ホテルに戻って洗濯して明日のコース試走へ自走。
f:id:fishsword:20140604123521j:plainf:id:fishsword:20140604123541j:plain
はしゃぐ店長笑

f:id:fishsword:20140604123626j:plainf:id:fishsword:20140604123645j:plain
クジラ博物館とクジラカツ。


f:id:fishsword:20140604123908j:plainf:id:fishsword:20140604123939j:plain
夕飯マグロユッケとクジラベーコン。
うまし!