FishSwordTT!

sat.の自転車に乗って進む日記  リンク&コメント大歓迎です(^^)

test

2014.4.27JBCF群馬2days 2日目

4:00起床。5:00出発。5:30着。
昨夜牛乳に漬け込んだグラノーラを食べる。

f:id:fishsword:20140427044854j:plain
合宿所。。。w

f:id:fishsword:20140427223829j:plainf:id:fishsword:20140427223839j:plain
ダルマサンガコロンダ!

今日はE3が7:30、E1が9:20。早い。
が、朝練で鍛えている自分には早起きなどなんでもないのだと言い聞かせるが、昨日監督のイビキにやられたのは内緒だ。。。w

5:30ジャストに会場入りでギリギリ自分の車だけ上の駐車場に。ラッキー。
2階に基地設営。
f:id:fishsword:20140427223932j:plain

7:30のE3
毎周回カナクボくんがいい位置でかえってくる。相変わらず位置取りうまい。
ラストはトキタくんが2車身離して圧勝。最後は腰おろしてた。凄いな。
後ろでカナクボ選手がいい仕事してたらしい。
f:id:fishsword:20140427135258j:plain

8:30からアップ
200W10分から300-350Wで5分流し5分。
高効率5分。流し5分。
なんか調子いいよ。


やや遅れて9:30くらいにE1スタート
6周36km。
中盤くらいから。位置取り下手くそで徐々に下がって行く。前にスペース作るとどんどん入られちゃう。つめるともらい落車が怖いし。
3周目くらいまでにはアタックして逃げなココロモチで徐々にポジションアップ。
2周目の終わりの最終コーナー外側で密集して危ないなと思ったら前でガシャン。両側からつまって逃げ道がなくなって落車。あちゃー。
土手側に落ちたので後ろから突っ込まれることもなく、あわてて立って曲がったブラケット直して曲がったハンドルは我慢して再スタート。チェーン落ちてる。。。幸いインナー入れて踏んだら復帰。まだ前に見える集団を目指す。
追走1周目。30秒差くらいかな。タレない程度の全開で行くけどなかなか近づいてこない。登り返しでだいぶ近くなって、集後尾に店長とサノくんが見える。なんとかあそこまでー。が、下りで開く。心臓破りで近づく。外野から15秒とか声がかかる。ホームストレートエンドで20秒と声がかかる。
追走2周目。下りで離されるが登り返しでまだ前に見える。心臓破りでももう少し。
追走3周目。ホームストレートでギリギリ見えていた集団が下り終わると全く見えなくなった。心臓破り
を登って行くとホームストレートを登ってくる集団とすれ違い。。。オワタ。。。集団先頭にチームメイトが見えたのがせめてもの救いか。
追走4周目。パラパラと落ちてくる人を抜かしながら最低でも完走ポイントを目指す。集団から遅れた人との協調も考えたけどスピード差がかなりあったので見送られちゃったみたい。ゴールまでスピードを緩めずに。が、ハンドルが曲がっているのでダンシングはなし。
練習としては最高強度。後半ややタレてたのは反省点。

自分自身の結果は91位で、なんとか完走ポイント10ptゲット。

チームではなんとサノくんとカザマくんの1、2フィニッシュ。店長10位。
サノくんが心臓破りからアタックしてカザマくんがそれに連結。店長が抑えというベストの展開だったとのこと。ワタシナニモシテマセン。。。
f:id:fishsword:20140427224513j:plainf:id:fishsword:20140427224524j:plain
サノくん嬉しそうだったな。写真はサヤカさんより。重ね重ねありがとうございました。

昨日集団内で楽に走れていたので、単独でも集団と同じくらいのペースは刻めるものだと思っていたがとんでもなかった。2周が限界。まして集団よりも速いペースを保つとなると至難の技。

肘と膝と尻横の擦過傷もそれほど酷くなく、バイクも前輪が少しフレたくらい。ラッキーだったのかもね。落車するような位置とタイミングで走っているのが1番悪い。
最初に前に出られなかった時点で後半戦まで我慢するべきだった。脚自体は平均よりも長距離向きなので集団が緩むところまでうまく待つのが正解だったな。昨日の失敗もあって焦ってた。
宇都宮のミーティングで店長が言ってたけど、シーズン通して戦っていけることがなにより重要。落車はまず最優先で避けなければならない。改めて肝に命じておこう。

終了後、みんなで焼肉。去年の群馬の2日目で行ったのと同じお店に。去年はカザマくん、サノくん、自分だったけど今年は大所帯で楽しい。去年よりも成長できているだろうか。みんなよりも時間が少ない分1日1日をたいせつに。



正直、今回は悔しくて仕方ない。悔しいのはチームに貢献できなかったからなのか?
考えてみると純粋に自分が勝てなかったことが悔しいのではないかと。
チームを言い訳にしない。いいレースをしよう。